早稲田大学のおすすめ滑り止め校は?滑り止め校を選ぶポイントも!

早稲田大学は全国的に知名度がある大学であり、偏差値も私立の中ではトップグループに位置します。そのような大学だからこそ人気も高く、一筋縄ではいきません。ゆえに滑り止めの大学を一緒に受けて、万が一の時に対応する人がほとんどです。

今回は早稲田大学のおすすめの滑り止め校をピックアップし、様々なケースに合わせた滑り止め校についてご紹介します。

【学部別】早稲田大学のおすすめ滑り止め校

学部によって若干偏差値が違うため、滑り止め校も多少異なっていきます。ここでは学部別のおすすめ滑り止め校をご紹介します。

政治経済学部・法学部を受験する場合

政治経済学部や法学部の場合は、早稲田の文系学部の中でもハイレベルにあたり、これらの学部を「滑り止め」にする東大京大の受験生もいるぐらいです。

そのため、これらの学部における滑り止めは、MARCHの中でも明治大学や青山学院大学といった偏差値の高い学校にするのがいいでしょう。

文学部・文化構想学部・国際教養学部を受験する場合

文学部や文化構想学部、国際教養学部は入試日が多少早めなので、本来滑り止めにしておきたいMARCHと被りやすく、受けたくても受けられない可能性があります。

そのため、何日間か連続で受験することを覚悟でMARCHを滑り止めにするか、共通テスト利用入試を活用して日東駒専を押さえておくことで最悪の事態を防ぐことができます。

人間科学部・教育学部・社会科学部・商学部を受験する場合

先ほどの3つの学部とは対照的に、こちらの4学部は受験日が比較的遅めになっています。そのため、MARCHとは比較的被りにくくなっており、すんなりとMARCHが滑り止め校としてふさわしいです。

これらの学部の場合は偏差値が若干落ち着いているため、日東駒専なども視野に入れておくことをおすすめします。成成明学なども偏差値的には滑り止めとしてふさわしく、学びたい学部があれば、視野を広げて滑り止め校を探しましょう。

基幹理工学部・創造理工学部・先端理工学部を受験する場合

早稲田の理工系学部3学部を受験する場合ですが、理工系学部自体のレベルが最高峰に位置するため、東京理科大学なども滑り止め校として機能します。特に東京理科大学は、多くの理系学部があり、それだけたくさんのチャンスがあります。

東京理科大学に入ることができれば、早稲田と同じくらいにネームバリューがあるので、東京理科大学を中心に滑り止め校にすることをおすすめします。

スポーツ科学部を受験する場合

スポーツ科学部の場合は、偏差値が出ないため、滑り止め校の選定が難しくなりがちですが、基本的にはスポーツ系の学部があるところがおすすめです。例えば、立教大学や法政大学がおすすめですが、関西に目を向けると同志社大学や立命館大学も対象となります。

実技試験を視野に入れる場合は筑波大学体育専門学群もおすすめですが、共通テストを5教科こなし、かつ2次試験で実技のテストがあります。学力に自信がある場合は筑波大学体育専門学群も視野に入れておきましょう。

早稲田大学で滑り止め校を選ぶポイント

早稲田大学で滑り止め校を選ぶ際にはどんな所に注意を払えばいいのか、滑り止め校を選ぶポイントをご紹介します。

偏差値が低い大学も受験しておく

そもそもなぜ滑り止め校を選ぶかといえば、本命にしていた大学が不合格になった場合、どこの大学にも行くことができないことを避けるためです。本命に合格できなきゃ浪人するという不退転の覚悟で勝負するのももちろんいいですが、できれば浪人せずに進学してほしいと多くの親御さんは考えます。

ひとまず大学進学を1つの保険とするため、確実に合格できる大学、早稲田からすればかなり低い大学でもまずは合格することを心がけて勉強していくことをおすすめします。日東駒専や大東亜帝国なども滑り止め校の候補に入れておくべきなのはそのためです。

自分が納得し通える大学かどうかを考える

第一志望の早稲田に不合格になった場合、仕方なく第二希望や第三希望の大学に入る人も多くいます。ほとんどの人は未練はありつつ、諦めて第二志望もしくは第三志望の大学に切り替えていきますが、中には早稲田を忘れきれず、仮面浪人をする形でその大学にいて、いつでも早稲田に入れるよう、大学の授業をしないで受験勉強をする人もいます。

仮面浪人になるのは、はっきりいって色々と無駄です。大事なことは滑り止め校として合格した大学に万が一通うことになった場合、納得して通えるのかどうかです。納得できない場合は仮面浪人になる可能性が出てきます。

第一志望に受からないから全てが終わるなんてことはありえないので、なるべく失敗をバネにより大きく成長できればいいわけです。最初のうちに納得できるかどうかを吟味しましょう。

まとめ

早稲田の滑り止めとしては、やはりMARCHが適任となりますが、偏差値次第では成成明学も視野に入り、より確実性を求めるのであれば日東駒専や大東亜帝国も視野に入ります。

あとは仮面浪人になってしまうことがないよう、万が一通うことになれば楽しく通えるかどうかをしっかりとシミュレーションを立てておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

選ばれる理由
定員制、逆転特化
FAST-UP早稲田塾とは

H.I君

5167

偏差値28up

志望校を上げて
早稲田に逆転合格

高3の春に、MARCH志望でFAST-UPに入塾したのですが、入塾から2ヵ月ほどで予想以上に偏差値が上がったため、第一志望を早稲田に変更しました。そこからの学習で驚いたのは、個別講義にて早稲田特化の授業をしてくださったことです。これにより、常に早稲田の傾向やレベルを意識しながら学習に取り組むことができました。FAST-UPのメソッドで学習すれば、志望校を上げることも可能だと思います。

M.U君

4869

偏差値21up

浪人で
慶應義塾大学に合格

僕は浪人生としてFAST-UPにお世話になりました。浪人生はやる気を保つのが難しいという課題がありますが、FAST-UPでは、僕のやる気を引き出すようなアプローチをしてくれたので、むしろ現役時よりも多く勉強できました。印象的なのは、質問対応の速さです。僕自身、わからないことがあるとやる気が下がってしまうことが多かったのですが、すぐに疑問を解決することで、多くの学習量を確保できたんだと思います。

Y.T君

2863

偏差値35up

偏差値40の高校から
青学に逆転合格

僕は、受験勉強を開始した高3の6月まで一切勉強したことがありませんでした。そのため、勉強の習慣がなく、モチベーション維持にはかなり苦労しました。FAST-UPでは、担当の先生が本当に僕のことを理解してくれて、相談に乗ってくれたため、何度も助けられました。僕が逆転合格できたのは、間違いなく先生の伴走のおかげです。

まずは無料相談